格闘技

貴乃花 絵本「光のテーブル」発売日は?絵本作家になるきっかけ

2019/03/23

先日、貴乃花が絵本「光のテーブル」をテレビで発表しましたが発売日はいつなのでしょうか?また、絵本作家になろうとしたきっかけが気になりますね!貴乃花の絵本「光のテーブル」の発売日はいつ?絵本作家になろうと思ったきっかけは?断絶していた家族の関係修復も間近か?









貴乃花が絵本作家デビュー!きっかけは?

貴乃花さんが、3月20日に放送された日本テレビ系「ザ・発言X~勝負の1日~」で、絵本作家として活動することを発表しましたね。

 

「え?えほんさっかって?なんで??」な感じで、私もかなり驚きました!!笑

 

なぜ、貴乃花さんは絵本作家になろうと思ったのでしょうか?

それには、きっかけがあったようで…。

 

2018年12月に放送された「しゃべくり007」で、瀬戸内寂聴さんと対談した貴乃花さん。

このとき、寂聴さんに「本を書きなさい。みんなあなたの本を読みたいですよ」とアドバイスされたのだそうです。

 

そして、貴乃花さんは

お子さんに携わることを第3の人生ではしたい。

いいものができれば海を越えて残る。

と絵本作家として活動する決断の理由を語りました。

 

デビュー作のテーマは「家族の愛」。

 

お笑い芸人の鉄拳さんとコラボした作品で、表紙には幼少期の花田家をイメージしたと思われる「4匹のカエル」が食卓を囲む様子が描かれています。

 

番組内で、ゲストの木村多江さんが「カエルがお父様、お母様、貴乃花さん、お兄様に見えてくる」とコメントしていました。

まさに、そのものですね♪

 

 

貴乃花の絵本はカエルが主人公の「光のテーブル」!あらすじは?

そんな、「家族の愛」をテーマに書かれた貴乃花さんの絵本は「光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし」

 

4匹のカエルの家族の物語で、貴乃花さんの育った家族がモデルになっているようです(^^)

 

「光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし」は、現在、鉄拳さんのYouTubeチャンネルで公開されています。

 

「光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし」のあらすじは…

主人公は、カエルの「カルル」。

家族そろって毎日囲んでいた夕食のテーブル、カルルはお母さんの作ったピョンコ鍋が大好きでした。

ジャンプに自信があったカルル。

ある日カルルは、家族に止められたのも聞かずに「カエルとびコンクール」に挑戦するため、家を出ていってしまいます。

でも、なかなかコンクールで優勝できないカルルは、お父さんの「男は、一度決めたらあきらめるな!」という言葉を支えに何年も練習を重ねます。

そして、カルルは最年少でコンクール優勝を果たします。

“特別なカエル”になったカルルは、美味しいものをたくさん食べることができるようになりました。

でも、何か足りない…

そう思ったカルルは、「家族に会いに帰ろう!」と決心します。

でも、帰り道がわからないカルル。

家を探そうと、カルルは一生懸命ジャンプをします。

ところが、足を滑らせてしまい、カルルは池に落ちてしまいました。

そこに「大丈夫?」「ケガはない?」と近寄ってきたのは、カルルが会いたかった家族でした。

そして、家に帰ったカルル。

その日の夕食はカルルが大好きなピョンコ鍋でした。

おしまい!

 

ということで、「光のテーブル とっても大切なカエルのおはなし」は貴乃花さんの人生のストーリーであることは明白ですね。

 

貴乃花さんは、親子や兄弟の不仲や洗脳など色々と言われていましたが、この絵本「光のテーブル」では、貴乃花さんの素直な気持ちが現れているのではないでしょうか。

 




貴乃花の絵本「光のテーブル」の発売日は?

では、貴乃花さんの絵本「光のテーブル」はいつ発売されるのでしょうか?

調べてみると、発売日や出版社、通販などもまだ未定とのこと。

 

話題性もありますし、絵本としての評判も悪くないようですし、欲しい方も多いのではないでしょうか?

 

YouTubeで配信はされているようですが、やはり絵本として手元に置いておきたいですよね!

 

ということで、発売日や通販に関して情報が出たら追記したいと思います(^^)

 

貴乃花 母や兄と和解間近か?関係修復に意欲!

貴乃花さんが絵本「光のテーブル」を発表、出演した「ザ・発言X~勝負の1日~」では、確執が伝えられていた母や兄についても言及しました。

 

家族は原点。あったかいご飯も作ってくれてお母さんに対する感謝と。お父さんが生まれた時から夢を持って生きることの大切さを教えてくれたこと。一生忘れちゃいけないんだなと。それを改めて感謝に変えたいという思いを絵本にして、お子さんたちに届けばいいなと

と、貴乃花さん自身の家族を思って絵本の作成に挑んだことを語りました。

 

また、貴乃花さんは「人生ももう46歳で、折り返し地点ではないかと思いますので、素直に元に帰れるようにしようと」と語っています。

 

そして、お母さんに対して「一連の騒動でお母さんが(テレビに)出てくれるたびに『出なくていい。ボク一人で耐えられるから』っていう気持ちだった」とのこと。

から揚げが好物と言っていたのも、お母さんの作るから揚げが大好きだったことを明かし、「実はお母さんのことが好きですって意味なんです」と語りました。

 

また、お兄さんの花田虎上さんに対しては「1人で入門していたらここまで来られなかった」と感謝の言葉を述べていました。

 

母や兄と再会する気持ちがあるのか問われると、貴乃花さんは「ハイ」と即答。

そして、「まず気持ちを伝えて。これからゆっくり、のんびり、今まで出来なかった時代を過ごしていきたいなと思います」と話した貴乃花さん。

 

その顔は穏やかで、とてもやさしいものでした。

 

このような事態になったことに、貴乃花さんのお兄さんである花田虎上さんはやはり驚いていたようです。

「いつか」~花田虎上さんのブログ

 

花田虎上さんは、

私の願いは、母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです。これはそう遠くない現実だと感じ嬉しく思っています。

とブログでコメントしています。

 

今すぐに笑顔で再会することは無理でも、時間をかけて、ゆっくりのんびり、あの家族が帰ってくるといいなぁと思います(^^)

 




貴乃花の絵本作家や絵本「光のテーブル」の評判や世間の反応は?

ちょっとびっくりな貴乃花さんの絵本作家デビューですが、絵本「光のテーブル」はとても素敵な作品だと思いました(^^)

 

そんな貴乃花さんや、絵本に対して、世間の評判はどうなのでしょうか?

ネットでの反応を調べてみました!

 

貴乃花さんの「光のテーブル」は、大人が感動する絵本なのかもしれませんね。

家族のありがたさは、大人になってわかることも多いのではないでしょうか。

 

また、貴乃花さんの母である藤田紀子さんは、貴乃花さんの絵本作家転身に「えー?」と驚いたことを認めつつ、

私が離婚して一人になっている時に、メモ用紙に詩を書いていったり、巡業先から絵葉書を速達で送っていたり、すごく筆まめで、文学的なことが好きなので、あるのかなって

と納得した様子のようです。

また、貴乃花さん自身の人生を描いているような「光のテーブル」の内容に、そのものだと思ったそうです。

 

貴乃花さんは、ずっと親子や兄弟間で絶縁状態でした。

そして、貴乃花さんには洗脳説や、兄の若乃花さんとは異父兄弟説もささやかれていました。

 

色々なことがあったと思いますが、素直な貴乃花さんってカッコいいですよね(^^)

 




貴乃花は絵本で印税はいくらくらいもらえるの?

下世話なんですけど、絵本「光のテーブル」が発売されたら、貴乃花さんにはどれくらいの印税が入るのか気になりますよね。

 

印税とは、売れた本の売上の何%かお金がもらえるというものです。

一般的には、印税の率は10%と言われているようです。

 

まだ発売されていないので、絵本の金額もわかりませんが…

「本の定価×部数×印税率」がもらえる金額なのだそうです。

 

かなり話題にもなっているようですし、実際に「光のテーブル」が発売されたら、ベストセラーとかになりそうな気もします!

 

貴乃花は2作目にも意欲?2003年に出版した絵本「小さなバッタのおとこのこ」は購入できる?

貴乃花さんが相撲界を引退し、絵本作家として発表した「光のテーブル」ですが、既に2作目の構想に入っているようです。

「チョコット姫」の純愛ストーリー?なのだとか。

 

これまた、ご自身の人生と重ねた作品なのでしょうか?

 

…期待しちゃいますね♪ww

 

さて、今回絵本作家として活動すると発表した貴乃花さんですが、実は2003年に絵本を出版していました!(ビックリ!ww)

 

2003年は、貴乃花さんが現役を引退した年で、親方として第2の人生をスタートさせたタイミングですね。

平成の大横綱が30年間の人生で感じたこと、考えたことを小さなバッタに託しました

という紹介の本で、主人公を等身大の自分を見立てて、本当の胸の内を明かすというスタイル。

 

なんだか「光のテーブル」と重なるような…(^^)

なかなか本音を言えない、貴乃花さんの気持ちの表現の仕方なのかもしれませんね。

 

この貴乃花さんの絵本「小さなバッタのおとこのこ」ですが、現在は取扱いがないようです(>_<)

 




貴乃花のプロフィール


引用:https://megu-ent.jp/

本名:花田 光司(はなだ こうじ)
四股名:貴乃花 光司(たかのはな こうじ)
生年月日:1972年8月12日
出身:東京都杉並区
身長:185cm
体重:73kg
血液型:O型

 

父は貴ノ花利彰さん、母は藤田紀子さん、兄は花田虎上さんです。

元妻は元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(2018年に離婚)で、貴乃花さんは1男2女の父親です。

長男は、靴職人の花田優一さん

 

二子山部屋(入門時は藤島部屋)入門当時から、その優れた素質が話題となりました。

その評判に違わず、数々の最年少記録を打ち立てました。

18歳で当時の横綱千代の富士を破り、21歳で大関、22歳で第65代横綱になります。

 

生涯戦歴は、794勝262敗、幕内優勝は22回。

その他、殊勲賞4回、敢闘賞2回、技能賞3回など第65代横綱として数多くの記録を残した、「平成の大横綱」です。

 

兄の若乃花(現・花田虎上)さんとともに「若貴フィーバー」と呼ばれた、平成初期の一大相撲ブームを巻き起こしました。

 

現在は芸能事務所の「Megu Entertainment(メグエンターテイメント)」と業務提携を結び、貴乃花光司として活動しています。

 

 

娘2人の現在や画像写真は?

若乃花と似てないのは異父兄弟説!

 

 

貴乃花の所属する芸能事務所は?

貴乃花さんは、2019年2月に芸能事務所「Megu Entertainment(メグエンターテイメント)」と業務提携を結んだことが明らかになっています。

 

貴乃花さんは、この事務所の社長と長年親交があり、「相撲を通じて子供たちと触れ合っていく活動のお手伝いができれば」と契約に至ったそうです。

 

しかし、この事務所は、貴乃花さんの息子さんである花田優一さんが所属していた事務所なのです…

花田優一さんは、不倫疑惑や靴職人の仕事ぶりなどトラブルが続いたこともあり、2018年9月に事務所を解雇されています。

 

そんな息子さんの尻拭いをするという意味もあるのか、貴乃花さんは芸能事務所「Megu Entertainment(メグエンターテイメント)」と業務提携したということかもしれません。

 

芸能事務所「Megu Entertainment(メグエンターテイメント)」の公式サイトでは、「SPECIALIST」の欄に「貴乃花光司」名義で名前が記されています。

業務提携という契約がどういったものなのかよくわかりませんが、スケジュールやギャラの管理などは、芸能事務所と契約している方がスムーズにできそうな感じがしますね。

 

 

 

貴乃花 絵本「光のテーブル」発売日は?絵本作家になるきっかけまとめ

実は絵本作家だった?貴乃花さんwwですが、今回発表した絵本「光のテーブル」は、ご自身の家族への気持ちを素直に表現した、素敵な作品ですね(^^)

 

不仲と言われていたお母さんやお兄さんとも、そう遠くない将来、会って笑って話せるようになるのではないでしょうか。

 

絵本作家になろうとしたきっかけは、瀬戸内寂聴さんのアドバイスだったようですが、貴乃花さんは人を疑わない素直な人間性を持っているのかな?と思いました。

過去騒がれた洗脳騒動も、根っこにあるものはもしかしたら同じかも?という気もしますが、今回はいい方向へ進みそうでよかったです。

 

なにはともあれ、貴乃花さんの第3の人生を応援したいと思います!

 

 

------------------------------------------

-格闘技

Copyright© アレコレ気になる!あらかると♪ , 2019 All Rights Reserved.