お笑い芸人 ドラマ 映画

アンジャッシュ児島の演技力が評判!出演した映画・ドラマ一覧

投稿日:2018-11-07 更新日:

アンジャッシュ児島の演技力が今評判だって知っていましたか?どんな演技なのか気になりますよね。一体どんな映画やドラマに出演しているのか一覧を調べてみました!アンジャッシュ児島がコント以外ではどんな演技力なのか、出演している映画・ドラマ一覧で見てみましょう!









アンジャッシュ児嶋一哉が出演した映画は?

お笑いコンビのアンジャッシュ。

逸脱したショートコントを得意とするコンビですが、ボケ担当の児嶋一哉さんはその芸風のせいか、最近は俳優として活躍する機会が多いようです。

 

ここでは、児嶋一哉さんが出演した映画の一覧を見ていきたいと思います。

 

『トウキョウソナタ』では教師役を演じる

2008年に公開された映画。

 

児嶋一哉さんは、物語の中心であり、それぞれがショッキングな秘密を抱えた4人家族(父・香川照之、母・小泉今日子)の2人の息子の教師役を演じました。

この映画出演で、児嶋さんは役者としての素質を見抜かれたようです。

 

 

 

『恋の罪』では愛人役で出演

2011年に公開された映画。

1997年に起きた事件をもとにした映画だそうです。

 

水野美紀さん主演の映画で、児嶋一哉さんは水野美紀さんが演じる刑事の愛人という、重要な役でした。

器の小さな陰湿な男の役だったようですが、普段の児嶋さんとはイメージが違う気がします。

 

『闇金ウシジマくん Part.3』では債務者を演じる

2016年に公開された、漫画『闇金ウシジマくん』を原作として制作された人気ドラマの劇場版。

 

児嶋さんは闇金融に追いかけられる債務者を演じました。

追い詰められたときの弱気の演技は、普段のイジられキャラが活きたのか、評判がよかったようです笑

 

『少女』では教師役を演じる

2016年に公開された映画。

同名小説が原作となっている。

 

主人公は2人の女子高生。

児嶋さんはこの映画でも教師役を演じていますが、【嫌な奴】だったようです。なんでも、女子高生役全員が嫌ってしまうほどだったとかww

これは、かなりの演技力がなければ、出演者に嫌われるということはないのではないでしょうか。

 

 

 

『謎解きはディナーのあとで』では、なんと外国人の役!

2013年に公開された映画。

同名小説が原作で、2011年にはTVドラマ化もされています。

 

この映画は、映画オリジナルのストーリーでした。

豪華客船に乗っている大勢の人が容疑者となるなか、謎解きをしていきます。

児嶋さんはこの客船の洗濯担当の外国人の役でした。

コメディ作品ということもあって、芸人である児嶋さんは本領発揮したようで、コントのようにイキイキしています笑

 

『クヒオ大佐』では学芸員の同僚

2009年に公開された映画。

アメリカに実在した結婚詐欺師を描いた物語です。

 

次から次へと女性に声をかけ騙していく「自称ジョナサン・エリザベス・クヒオ」という主人公は堺雅人演じました。

このクヒオが目をつけた女性のひとりが、児嶋さんが演じる学芸員の同僚であり、元カノでした。

児嶋さんの出番は多くはありませんでしたが、存在感があったと評判だったようです。

 

『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』では喜屋武友禅を演じる

2014年に公開された映画。

松岡圭祐の小説「万能鑑定士Q」シリーズが原作です。

 

児島さんは喜屋武友禅という役でした。

日常の中の非日常、という不思議な世界観にうまくなじんでいたようです。

 

 

アンジャッシュ児島さんの関連記事
↓ ↓ ↓
アンジャッシュ児島の嫁・坪井志津香が美人と評判!写真はないの?

 

 

アンジャッシュ児嶋一哉が出演したドラマは?

映画にも出演していたアンジャッシュの児嶋さん。

ドラマでも活躍してるんです!

 

『スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん』ではまる子の父・ひろし役!!

ご存じ、漫画「ちびまる子ちゃん」をドラマ化したもの。

児嶋さんは、まる子の父親・ひろしを演じました。

 

明るいドラマなので、児嶋さんをキャスティングしたのもうなずけます。

 

朝ドラにも出演!『梅ちゃん先生』で警官役で出演

なんと、朝ドラにも出演していたんです!

2012年に放送された「梅ちゃん先生」で、主演は堀北真希さん。

他も若手人気俳優が多くキャスティングされており、若者にも人気があった朝ドラでした。

 

このドラマで、児嶋さんは警官役で出演しました。

 

『フリーター、家を買う』ではハローワーク職員として出演

同名小説を2010年にドラマ化した作品。

2010年に放送されたドラマの中で、最高視聴率を出した人気ドラマでした。

 

 

児嶋さんは、主人公が仕事の相談に赴くハローワークの職員を演じました。

嵐の二宮和也さんとの掛け合いはまさにコントで、ユーモアたっぷり!

…これは演技ではなかったかもしれません笑

 

 

 

 

大河ドラマ『龍馬伝』では日本郵船社長・近藤康平の若い頃を演じる

朝ドラだけではなく、児嶋さんは、なんと大河ドラマにも出演していました!

『龍馬伝』は福山雅治演じる坂本竜馬の生涯を描いた大河ドラマ。

 

 

児嶋さんは、日本郵船社長・近藤康平の若い頃を演じました。

 

主役ではないにしろ、NHKの朝ドラや大河ドラマにもキャスティングされるなんて、児嶋さんの演技力はやはり評判がいいのでしょう(^^)

 

 

ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』では主人公の勤務する企業の営業部長役

2014年に放送されたTVドラマ。

池井戸潤の同名小説が原作で、『半沢直樹』が社会現象を起こした後の放送だったこともあり、かなり注目されていたドラマです。

 

このドラマで、児嶋さんは主人公が勤める企業の営業部長を演じました。

上司が児嶋さんって何だか不思議な感じもしますが笑、ドラマでは違和感なく存在感も発揮していました。

 

アンジャッシュの芸風もあるのか、児嶋さんの演技力が評判になるのはわかる気がします。

 




アンジャッシュ児嶋はあの 『おっさんずラブ』にも出演していた

アンジャッシュの児嶋一哉さんは『おっさんずラブ』にも出演していましたね。

田中圭演じる主人公である春田創一の幼なじみで、ちず(内田理央)の兄、「居酒屋わんだほう」を営む荒井鉄平を演じていました。

 

 

濃厚でハイテンション!な王道ラブストーリー??でしたが、児嶋さんの登場シーンは、癒やしの場所となっていました。

 

ドラマの雰囲気から、おかまのママとかでもいいような感じですが笑、このドラマでの児嶋さんの役どころはちょっと特殊。

主人公が愚痴をこぼしたり、泣き言を言ったりしても、聞いているか聞いていないのか?な雑な受け答えをしたり、一方的にゲテモノメニューをすすめたり笑

 

ドラマの本筋と深く関ることなく、クスリと笑わて空気をガラッと変えるのは、実力がないとできない役どころだったのではないかと思います。

 

アンジャッシュ児嶋、2018年秋のドラマ『僕らは奇跡でできている』に出演中

現在、放送中の高橋一生主演の「僕らは奇跡でできている」にも、児嶋さんは高橋一生演じる一輝と同じ研究室に勤める沼袋順平役で出演しています。

アリおたくで、他の誰ともかかわることもなく?ひたすらアリに話しかけて…

「池袋!」と名前を間違えられるアンジャッシュ・児島としての鉄板?ネタもこのドラマでは見られますよ…笑

 




アンジャッシュ児嶋一哉のプロフィール

お笑い芸人として活躍しているアンジャッシュの児嶋さん。

アンジャッシュのコントも本当に面白いですが、ドラマや映画での演技力が評判です。

そんなアンジャッシュ児嶋さんのプロフィールです。

 

本名:児嶋 一哉
生年月日:1972年7月16日
出身地:東京都八王子市
血液型:A型
身長:178cm
コンビ名:アンジャッシュ(相方:渡部建)
芸風:コント(ボケ)、イジられ・キレ芸

趣味・特技:プロ麻雀士、格闘技、バイク(大型自動二輪免許取得)

 

1994年に今の相方となる渡部さんとアンジャッシュとしてデビュー。

今の相方である渡部さんは、5人目の相方だそうですよ。

 

そして、児嶋さんの私生活?はプロの麻雀士で大型のバイクにも乗るんですね!

ちょっと意外な一面です(^^)

 

 

アンジャッシュ児嶋の演技力が本業が役者でもおかしくないとかなりの評判!

演技がくどくなく、良い意味で個性がない…

こんな演技の評判で、映画監督やドラマのプロデューサーからたくさんのオファーがあるそうです(^^)

 

【どこにでもいそうな人を演じることがうまい】…これが、児嶋さんの演技力が高く評価される一因のようですね。

 

そんな、俳優としての実力も認められる児嶋さんですが、児嶋さん自身は自分を俳優と思ったことはないそうです。

アンジャッシュのコントで演技力を身につけることができたのかもしれませんが、あくまでも「軸は芸人」で、芸人として俳優活動もしている、ということなのでしょう。

 




アンジャッシュ児嶋の映画やドラマでの演技力にネットの反応はどんな感じなの?

そんなアンジャッシュ児島さんの映画やドラマの出演や、その演技力に関して、ネットではどんな反応なのでしょうか?

 

◆いい人そう!

◆脇役でいい味を出している

◆演技力があるからこそ、俳優でも重宝されているのでは?

◆独特の存在感がある

と、ネットでも児嶋さんの演技力に関して評判は上々のようです(^^)

 

アンジャッシュのコントで作り上げられた演技力や表現力もそうですが、児嶋さんの物腰のやわらかい雰囲気で、その人柄も評判がいいんですね。

 

 

アンジャッシュ児島の演技力が評判!出演している映画・ドラマ一覧のまとめ

 

View this post on Instagram

 

#おっさんずラブ #ドラマ

児嶋一哉さん(@kojikojikoji47)がシェアした投稿 –

アンジャッシュの児嶋一哉さんの映画やドラマでの活躍を見ると、その演技力は誰もが認めるところではないでしょうか。

 

主人公ではないけれど、しっかりと存在感のある役を器用にこなしている印象です。

これなら、多くの映画やドラマで活躍できるのも当然!という気がします。

 

これからも、アンジャッシュ児島さんには、芸人としても俳優としても大活躍されることを期待したいと思います!

 

 

アンジャッシュ児島さんの関連記事
↓ ↓ ↓
アンジャッシュ児島の嫁・坪井志津香が美人と評判!写真はないの?

 

------------------------------------------

-お笑い芸人, ドラマ, 映画

Copyright© アレコレ気になる!あらかると♪ , 2019 All Rights Reserved.